・会期追加のお知らせ・
大好評につき、会期が追加となりました。

追加日程:13(金)14(土)15(日)



2012年6月29日(金)より、
ドラックアウトスタジオプロデュースによる、
笠原出 展 ふわりんぼ「睡蓮景」を開催いたします。

本展では、ペインティングによるシリーズ作品の新作となります。

また、会期が金・土・日のみの開催となっておりますので、
みなさまお誘い合わせのうえ、ぜひ足をお運びいただければと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。


笠原出 展 ふわりんぼ「睡蓮景」
日時:2012年6月29日(金)30日(土)7月1日(日)6日(金)7日(土)8日(日)13(金)14(土)15(日)
12時 ー20時
レセプション:6月30日
作家在廊日:6月29日(金)30日(土)7月1日(日)6日(金)8日(日)13(金)14(土)15(日)
会場:dragged out studio(ドラックアウトスタジオ)
103-0011 東京都中央区日本橋大伝馬町15-3 1F
TEL 03-6661-2081
URL http://dragged.jp


Izuru Kasahara “Fluffy Limbo / Water lilies – Circle”
oil paint and gold-leaf on cotton mounted panel
910×910mm 2012


笠原 出 プロフィール 
1969年静岡県浜松市に生まれ。
1992年東京藝術大学美術学部卒業、1994年東京藝術大学美術研究科修士課程漆芸専攻修了。
人間の一過性の感情表出の一つである「笑い」。その「笑い」における複雑な層を切り口に様々なメディアを通じて問いかける作品を展開している。 94年、アーティスト共同体「スタジオ食堂」設立に中山ダイスケ、中村哲也、須田悦弘、藤原隆洋ともに参加。 展覧会、オープンスタジオなどアーティスト主導のオルタナティブ・スペースの先駆的活動を展開する。(00年に解散)
近年は横浜を拠点とし、心理学的なフィールドからだけでなく、神話などを通じ、民俗学的視点におけるアニミスティックな「笑い」と「場」の関係をテーマにペインティングを中心に作品を発表している。

【個展】
1996 STILL SMILE LIFE ギャラリーK 東京  
    SMILE LIFE THEATRE ギャラリーアート倉庫 東京
1997 HAPPY HAPPY LODGES ミヅマアートギャラリー 東京
1999 Sleep/Dream/Smile ウエストベスギャラリーコヅカ 愛知
    SMILE(Ghost)  アニエス・ベー 東急クロワゼショップ 東京
2001 FLUFFY FLUFFY ミヅマアートギャラリー 東京
2002 FLUFFY FLUFFY+ ミクスト・メディア 静岡
    SMILE/fluid アートコクーン 東京
2005 「笑う植物画」 アートコクーン 東京
2007 「かくれんぼ」 ナマック・カフェ 横浜
2009 「かくれんぼ」 Art Center Ongoing 東京
2011 「ふわりんぼ」 ナマック・カフェ 横浜
2012 ふわりんぼ「睡蓮景」 dragged out studio 東京

【グループ展】
1996 STARTS スタジオ食堂 東京
    Morphe’96 ラフォーレ原宿 東京
1997 TANAGOKORO2 レントゲンクンストラウム 東京
1998 TANAGOKORO3 NCAF’98 名古屋市民ギャラリー 愛知
    フィリップモリスアートアワード最終選考展 東京国際フォーラム 東京
    des-s-sert  スタジオ食堂 東京
    寿限無展’98世紀末複製事件 現代美術製作所 東京  
1999 日本人作家展 ピュヴリック< パリ(フランス)  
    TANAGOKORO4 NCAF’99名古屋市民ギャラリー 愛知 
    バルーンアート・フェスティバルHOT AIR-うかぶ.ふくらむ・てでふれる- グランシップ (静岡コンベンションアーツセンター)静岡
    ダブル・ポジティブ スタジオ食堂 東京
    Networking展(キュレイター Les Joynes ) P-house 東京
    あぶない展覧会  サル・バー ソウル(韓国)
    アートは楽しい10 天国で地獄  ハラミュージアムアーク 群馬
    TANAGOKORO5  レントゲンクンストラウム 東京
    立川国際芸術祭’99  グランデュオ  東京  
2000 Lecture “La Grace”  ポンピドーセンター パリ(フランス)
    TANAGOKORO6  ウエストベスギャラリーコヅカ 愛知
    AIR-AIR  グリマルディ・フォーラム モンテカルロ(モナコ公国)
    Kindergarten  墨田区幼稚園 東京
2001 サイクリング#2 dragged out studio 東京
    地雷展 dragged out studio 東京
    AOBAトリエンナーレ 多摩プラーザ駅周辺 横浜
    街頭藝術横浜2001~商店街の美術~ 万国橋通り 横浜
    [Tokyo/Life]展 セルフリッジ ロンドン(イギリス TRaP参加)
    NEO-TOKYO 展  Museum of Contemporary Art, Sydney シドニー(オーストラリア TRaP参加)
    Batofar…seeking Tokyo   BATOFAR パリ(フランス TRaP参加)
2002 ショウケース・ギャラリー#8 スクラッチ・タイル 横浜    
    HOT AIR  インスティテュート・オブ・テクノロジー カーロー(アイルランド)
    listening dream floor 神奈川県民ホールギャラリー 横浜
    街頭藝術横浜2002~商店街の美術~ 万国橋通り-馬車道-伊勢佐木町1~7丁目 横浜
    Ares & Pensares SESC SAO PAULO サンパウロ(ブラジル)
    TANAGOKORO8  レントゲンヴェルケ 東京
2003 地雷展2 ドラックアウトスタジオ 東京
    T-SHIRT BIBLE展 六本木ヒルズ 東京
    108展 ISE FOUNDATION  ニューヨーク(アメリカ)
2004 家紋展 恵文社 京都
    カフェイン水戸2004 水戸芸術館 茨城
    ”Tokyo Rabbit Paradise at Careof Milano”
    ”Careof -Fabbrica del Vapore”via Luigi Nono n. 7, Milano ミラノ(イタリア TRaP参加)
    ”AUTONOM IST NOCH NICHT EINMAL DER MOND “ACCギャラリーワイマール(ドイツTRaP参加)
2005 Since 1994 10周年記念展  ミヅマアートギャラリー 東京
2006 百花撩乱 ボイス・プランニング 東京
    第6回西脇市サムホール大賞展 西脇市岡之山美術館 兵庫
    magical art life展 トーキョーワンダーサイト渋谷 東京
2007 ポスカート展~54人の作家によるポストカードアートプロジェクト KANDADA 東京
2008 異相の花園 マキイセレクションズVol.2 マキイマサルファインアーツ 東京
2009 Tシャツ展。創造空間9001 横浜
    行儀の悪い額縁 深川ラボ 東京
    Ongoing X’mas  Art Center Ongoing 東京
2010 シークレットオークション 3331 Arts Chiyoda 東京
    Ongoing X’mas  Art Center Ongoing 東京
2011 カフェイン水戸2011 水戸芸術館 茨城
    Ongoing X’mas  Art Center Ongoing 東京

*TRaP:東京ラビットパラダイス(コマンドNによる映像のグループ・ショウ)












2012年6月16日(土)をもちまして、
Maki Fine Arts展覧会 中谷ミチコ「impression」は終了いたしました。
多くの方々にご来場いただき、誠にありがとございました。
心よりお礼申し上げます。

今後ともよろしくお願いいたします。

2012年5月26日(土)より、
Maki Fine Arts による展覧会となります、中谷ミチコ「impression」を開催いたします。

中谷ミチコ「impression」
2012年5月26日(土) – 6月16日(土)
オープニングレセプション:2012 年5 月26 日(金)18:00~20:00
<時間> 11:00~19:00
<休廊> 日・月・祝祭日

Maki Fine Arts website
www.makifinearts.com


Michiko Nakatani “Impression, Bird”
2011-12, Plaster, Resin, Pigments


Michiko Nakatani “Dog”
2011, Plaster, Resin, Pigments, 101x116x9cm


Maki Fine Arts では、2012年5月26日(土) から6月16日(土)まで、中谷ミチコ 個展「-impression-」を開催致します。凹状に彫り沈めた少女像に透明樹脂を流し込む作品を代表作とする彫刻家、中谷ミチコの新作を発表致します。

「もうないモノ」の領域。
「まだないモノ」の領域。
「今あるモノ」領域。
それらをつなげる方法を探しています。
イメージの透明な質量が、
重力から開放され真っさらで親密な沈黙の中で存在し、
発言する事を望んでいます。

– 印象 鳥 -と名付けた今回展示する連作は、「不在という実在」をつかもうとする試みです。

中谷ミチコ


【プロフィール】
1981年東京都生まれ。2005年多摩美術大学を卒業後、ドイツに渡り、作品発表を重ね、2010年にVOCA展奨励賞受賞、2011年に横浜美術館アートギャラリーで個展「境界線のありか」開催。「イメージのあり方」を模索することをテーマに、レリーフ作品等を発表。東京都在住。













2012年4月14日(土)をもちまして、
Maki Fine Arts展覧会 「立花博司・奥田栄希・木村太陽」は終了いたしました。
多くの方々にご来場いただき、誠にありがとございました。
心よりお礼申し上げます。

今後ともよろしくお願いいたします。

2012年3月24日(土)より、
Maki Fine Arts による展覧会となります、グループ展「立花博司・奥田栄希・木村太陽」を開催いたします。

「立花博司・奥田栄希・木村太陽」
2012年3月24日(土) – 4月14日(土)
オープニングレセプション:2012 年3月24日(土)18:00~20:00
<時間> 11:00~19:00
<休廊> 日・月・祝祭日

Maki Fine Arts website
www.makifinearts.com


Hiroshi Tachibana “pokemon with yellow painting”
2011, gel medium transfer, acrylic, maker, and trading card on canvas, 50.8 x 50. 8 cm


Hiroshi Tachibana “kiki and pokemon”
2011, gel medium transfer, acrylic, maker, and trading card on canvas, 50.8 x 50. 8 cm


Eiki Okuda  “32×32 pixel(Steve Jobs)”
2012, Acrylic and resin on canvas, 91×91cm


Eiki Okuda “TETRIS”
2012, Acrylic and resin on canvas, 60.6×45.5cm


Taiyo Kimura “Permanent Laughter”
2011, clock, compass, acrylic board, mixed media, 90x180x20cm
※本展での展示作品とは異なります














2012年2月18日(土)をもちまして、
Maki Fine Arts展覧会 田中和人「Untitled Composition」は終了いたしました。
多くの方々にご来場いただき、誠にありがとございました。
心よりお礼申し上げます。

今後ともよろしくお願いいたします。

2012年1月28日(金)より、
Maki Fine Arts による展覧会となります、田中和人「Untitled Composition」を開催いたします。

田中和人 「Untitled Composition」
2012年1月28日(金) – 2月18日(土)
オープニングレセプション:2012 年1 月28 日(金)18:00~20:00
<時間> 11:00~19:00
<休廊> 日・月・祝祭日

Maki Fine Arts website
http://www.makifinearts.com


Kazuhito Tanaka “Untitled Composition”
2010-11, color photograph


Kazuhito Tanaka “Untitled Composition”
2010-11, color photograph



TOKYO FRONTLINE 2011 PHOTO AWARDを受賞した、新進アーティストの東京での初個展となる本展では、廃校になった小学校で撮影された写真作品を用い、
ギャラリー空間全体を使った新作インスタレーションを発表します。
ご高覧頂きますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。


「Untitled Composition」シリーズは、廃校になった小学校で撮影された写真作品です。

教室に残された椅子や道具などを組み合わせて、新たな静物として撮影した写真。また、校舎に飾られたままの集合写真、かつての生徒たちが描いた絵や、文集の中に書かれた文字そのものを撮影し、コンピューター上でモザイク状などに加工した抽象的な写真で構成されています。

小学校という場所で、固有の記憶を持つものが、解体され、再構成されることで、他者の記憶が、鑑賞者自身のものと置き換えられ、再生される事を試みています。

–田中和人


【プロフィール】
1973年埼玉生まれ。
2004年、School of Visual Arts(ニューヨーク)卒業。
2011年、TOKYO FRONTLINE PHOTO AWARD受賞。
抽象と具象の境界を探求し、写真作品を中心に発表。
現在、京都在住。

2011年12月17日(土)、ドラックアウトスタジオにて、
アーティスト・宇治野宗輝のプライベートビューを開催いたします。

今回はThe Rotatorsシリーズの近作と、ドローイングの展示を予定しております。
お時間にご都合のつく方は、ぜひ足をお運びいただければと思います。


日時:2011年12月17日(土) 18:00 – 21:00
料金:無料
会場:dragged out studio(ドラックアウトスタジオ)
103-0011 東京都中央区日本橋大伝馬町15-3 1F
TEL&FAX 03-6661-2081
URL http://dragged.jp

協力:山本現代
URL http://yamamotogendai.org/



Platform for the Rotators (Trinity) 2004 
写真:池田晶紀



【プロフィール】
宇治野宗輝
アーティスト
1964年5月7日東京都生まれ。
1988年東京芸術大学美術学部工芸科染織専攻卒業
2003年第6回岡本太郎記念現代芸術大賞特別賞
90年代よりサウンドスカルプチャーを製作、またそれを使ったライヴパフォーマンスを行っている。
2004年より取り組んでいるサウンド/スカルプチャー/パフォーマンスのプロジェクト「The Rotators」は、
20世紀の物質世界のリサーチであり、モーターを使った家電製品や自動車、家具、中古レコードなど、
世界中何処にでもある日常的な物と技術をDIYで組み合わせた、ヒューマン・スケールの巨大なドラムマシン、
または 、ドメスティック・インダストリアル・ミュージックのマシーンバンドである。
06年シドニー・ビエンナーレに参加。07年カールスルーエ、北京、バンクーバー、バーゼル、
08年ベルリン、ニューヨーク、インドネシア、ソウル、09年ヘイワードギャラリー(ロンドン、UK)、
ナムジュンパイク・アートセンター(京畿道、韓国)等にて個展、グループ展、ライヴパフォーマンスを行う。

URL http://the-rotators.com/










2011年12月10日(土)をもちまして、
Maki Fine Arts展覧会「Winter Show」は終了いたしました。
多くの方々にご来場いただき、誠にありがとございました。
心よりお礼申し上げます。

今後ともよろしくお願いいたします。

Maki Fine Artsでは、11月19日(土)より、
Winter Showを開催致します。

Winter Show – 今井智己、 照屋勇賢、中谷ミチコ、播磨みどり、Peter Zimmermann

2011年11月19日(土) – 12月10日(土)
<時間>11:00 – 19:00
<休廊>日、月、祝祭日

Maki Fine Arts website
www.makifinearts.com


Tomoki Imai “Untitled” (Mahiru), 2001, C-print


Tomoki Imai “Untitled” (Mahiru), 2000, C-print

Maki Fine Artsでは、11月19日(土)より、グループ展「Winter Show」を開催致します。
本展では、ギャラリーアーティストの作品及び、プライベートコレクションから、国際的に活躍するアーティストを5名による新旧作品を織り交ぜた展示を行います。
デビュー作である写真集「真昼」(2001年・青幻社)から10年、今井智己は「真昼」シリーズより厳選した作品を展示致します。照屋勇賢は紅型による着物作品「結い、You-I」を平面に展開した貴重な名品、VOCA展2010奨励賞受賞の中谷ミチコは、ドローイング作品を中心に、ニューヨークで活躍する播磨みどりは、身近な日用品を写真撮影し、立体作品に転換させたシリーズ、そしてケルン在住のアーティスト、Peter Zimmermannによるペインティングを展示します。
ご高覧頂きますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。







2011年11月5日(土)に開催いたしました、
小金沢健人 Private View は無事に終了いたしました。
一夜限りの開催だったにもかかわらず、多くの方々にご来場いただくことができました。
心より感謝いたします。

今後ともよろしくお願いいたします。

2011年11月5日(土)、ドラックアウトスタジオにて、
アーティスト・小金沢健人のプライベートビューを開催いたします。

今年は各地でパフォーマンスを精力的に行っているという小金沢さんは、
現在、日本に一時帰国中の間も、東京や京都などでパフォーマンスを行う予定です。

今回は純粋にソロのパフォーマンスのみのショーで、貴重な機会となっております。
ショーの前には、友人でもあるフォークシンガー・緑川拓さんのライブもございますので、
お時間にご都合のつく方は、ぜひ足をお運びいただければと思います。

心地よい秋の一夜を、小金沢さんのパフォーマンスとともにお楽しみください。

日時:2011年11月5日(土) 開場 20:30/開演 21:00
料金:無料
パフォーマンス:小金沢健人
ライブ:緑川拓
会場:dragged out studio(ドラックアウトスタジオ)
103-0011 東京都中央区日本橋大伝馬町15-3 1F
TEL&FAX 03-6661-2081
website http://dragged.jp


ランゲンファウンデーションでのパフォーマンス 2011年7月


今年はパフォーマンスばかりしています。
場所さえ見つけたらどこでもやれるように、
機材を背負ってベルリンから出てきました。

小金沢健人

<プロフィール>
アーティスト
1974年東京生まれ。
99年よりベルリン在住。
映像とドローイング、インスタレーションにパフォーマンスと表現も多岐にわたる。













2011年10月28日(金)に開催いたしました、
小木曽瑞枝 Private View は無事に終了いたしました。
一日限定の開催だったにもかかわらず、多くの方々にご来場いただくことができました。
心より感謝いたします。

今後ともよろしくお願いいたします。

2011年10月28日(金)1日限定で、
ゆかいプロデュースによる、小木曽瑞枝のプライベートビューを開催いたします。

2011年に制作展示した個展「左見右見」の作品を中心に、
未発表作品を含めた近作などを展示いたします。
オープンスタジオのような雰囲気です。
1日限定の展示となりますが、ご都合がよろしければ是非ご高覧下さい。
どうぞ宜しくお願いいたします。

日時:2011年10月28日(金)
時間:12時 ー19時
会場:dragged out studio(ドラックアウトスタジオ)
103-0011 東京都中央区日本橋大伝馬町15-3 1F
TEL&FAX 03-6661-2081
website http://dragged.jp


Confront / ご対面 / 2011

小木曽瑞枝 プロフィール
1971年生まれ。
日本大学芸術学部卒業、東京芸術大学大学院修了。07年ポーラ美術振興財団在外研修員としてスウェーデンに滞在。風景の観察を通した独 自の視点で物語を構築し、ファンタジーとリアリティーの狭間にある世界観を平面と立体を構成したインスタレーション作品として発表。主な展覧会に、’03年「Project N」オペラシティアートギャラリー(東京)、’09年「Get Set」ヴィルセルム美術館 (スウェーデン)、’10年「ポーラミュージアム アネックス展 2010 “祝祭”」ポーラミュージアム アネックス、「The garden of deep sea」UTRECHT/NOW IDeA 、「日々観光」IDEE 自由が丘店、「ANA MEETS ARTS」ANA羽田空港ラウンジ、「花蜜標識」TRAUMARIS、「左見右見」横浜ベイクォーターなど。







2011年10月22日(土)をもちまして、
Maki Fine Arts展覧会 池田衆「Another Yesterday」は終了いたしました。
多くの方々にご来場いただき、誠にありがとございました。
心よりお礼申し上げます。

今後ともよろしくお願いいたします。

Maki Fine Artsでは、9月24日(土)より、
池田衆 個展「Another Yesterday」を開催致します。

池田衆「Another Yesterday」
2011年9月24日(土) – 10月22日(土)
オープニング・レセプション:9月24 日(土)18:00~20:00
<時間>11:00 – 19:00
<休廊>日、月、祝祭日

Maki Fine Arts website
www.makifinearts.com


池田衆 / Shu Ikeda
Loss and Hope
2011, cut-out photograph, mounted on acrylic
390×510mm



池田衆 / Shu Ikeda
Joy of Living
2011, cut-out photograph, mounted on acrylic
640×940mm


過去の記録でもある「写真」を切り抜き、別の形や空白や影を生み出す、注目の若手アーティスト、池田衆による新作11点を展示致します。


私は自ら撮影した写真を切ることにより作品化しています。
被写体は自然を中心に、光を感じ移ろいやすい風景を扱っています。それは時間が経てば変化し、壊れていく繊細なものに美を感じるからです。

基本的に下書きはせず、写真から想像して絵を描くようにカッターをいれていきます。またカメラにより一瞬で切り取られた過去である風景を、ゆっくりと緻密に切り取っていく行為は、もうひとつの時間とイメージを少しずつ追いかけて層のように重ねる感覚に近いかもしれません。

「Another Yesterday」と題された今回の展示は、そのような新たな画面への再構築を意味します。写真を切ることでその空白から浮かびあがる新たな形や影が、イメージと物質、存在と空白などの対比的な視覚効果を誘いながら、写真やイメージの認識の可能性を模索しています。

–池田衆


【プロフィール】
1979年、広島県生まれ。
2004年、東京造形大学卒業。トーキョーワンダーウォール2009審査員長賞、キャノン写真新世紀2009にて佳作を受賞。2011年、トーキョーワンダーサイト本郷にて個展「trivial today, transient tomorrow」、香港のBlindspot Galleryにて個展「Please Remember Me」開催。写真を切り抜き、独自の空白や影を生み出す作品を発表している。現在、東京都在住。 Nuobearedustra Cacerevede peta dunia satelit .


















2011年9月16日(金)をもちまして、
池田晶紀 個展 「DOUBLE NATURE」は終了いたしました。
前回の個展「太陽とみどり」から約3年ぶりのショウとなりましたが、
多くの方々にご来場いただくことができました。
誠にありがとございました。
心よりお礼申し上げます。

今後ともよろしくお願いいたします。








2011年8月31日(水)をもちまして、
川瀬一絵 写真展「誕生日」が無事に終了いたしました。
前回の個展「空の耳」に引き続き、多くの方々にご来場していただくことができました。
心よりお礼申し上げます。

今後ともよろしくお願いいたします。

2011年9月2日(金)より、
写真家・池田晶紀 個展『DOUBLE NATURE』を開催いたします。

彼の前回の個展「太陽とみどり」から約三年ぶりとなるこのショウでは、
自身がここ一年半ちかく、猛烈に情熱を注いでいる、
「水草水槽」をモチーフとした、新たな試みによる、シリーズ作品を発表いたします。

また、このショウは、キュレーションに菊地敦己氏を招いた企画となっております。

是非ご高覧いただければと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。


池田晶紀 個展
「DOUBLE NATURE」


会期:2011年9月2日(金)ー9月16日(金)
レセプション:9月3日(土)18時-20時
時間:12時 ー19時
休廊:日・月

キュレーション:菊地敦己
協力:富士フイルム株式会社

会場:dragged out studio(ドラックアウトスタジオ)
103-0011 東京都中央区日本橋大伝馬町15-3 1F
TEL&FAX 03-6661-2081
website http://dragged.jp


©IKEDA Masanori







2011年8月13日(土)をもちまして、
Maki Fine Arts展覧会「PROMISED LAND / サマーショー」は終了いたしました。
多くの方々にご来場いただき、誠にありがとございました。
心よりお礼申し上げます。

今後ともよろしくお願いいたします。